スポンサーリンク

見えました!シークレット花火。

2020年9月6日

今年は新型コロナウイルスの影響で、花火大会が次々に中止となっているなか、1日も早い収束を祈願し、希望や元気を届けようとする取り組みで打ち上げ場所等はシークレットで、花火が打ち上げられています。

6/1に行われた「全国一斉悪疫退散祈願Cheer up!花火プロジェクト」に始まり、東京オリンピックの開会式が開催される予定だった7/24には「全国一斉花火プロジェクト」が、8/22には、全国の花火業者やコロナで苦しむ患者、医療関係者らを励まそうと「日本の花火エールプロジェクト」が開催されました。

どこで打ち上げられるのかな?家から見えるかな?と楽しみにしていたのですが、どれも見ることはできませんでした。

そんな中、昨日の20時頃、パンパンとどっかで花火が打ちあがっている音が聞こえてきました。

えっ⁈花火?と慌ててベランダに出てみると、淀川側で花火が上がっているのが見えました。

時間にすると10分くらいだったのですが、建物の隙間から打ち上げられている花火が綺麗な円で見えました。

<高槻夢花火2020>と名付けられたこの花火は、コロナ禍のなか、子供たちに少しでも夏の思い出を・・・と開催されたようです。

夏休み中に小学校で毎年行われていた夏祭りも今年はなくなり、当初の予定から10月に日程変更にはなったものの行けると子供達が楽しみにしていた宿泊学習も急遽中止になり、さすがにうちの子もがっかりしていました。

思いがけずに花火鑑賞ができて、夏の最後にいい思い出になりました。