スポンサーリンク

【2021年】確定申告無事に終了~。つまずいたポイント

確定申告無事に終わりました。

いつもはギリギリなのですが、今年は早く終わりました。

確定申告の変更点

2020年(令和2年)分の確定申告は、青色申告特別控除65万円の要件が変更になったり、基礎控除額の10万円引き上げで48万円になったり、配偶者控除などの所得要件緩和になったりといろいろな変更があります。

その中でも覚えておきたい変更点が2点あります。

受付期間

令和2年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告の受付は、令和3年2月16日(火)~4月15日(木)までです。

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、確定申告の期限が1か月延長されています。

入場整理券が必要

確定申告会場に行って書類を作成されていた方もおられると思います。

確定申告会場の混雑緩和を図るため、確定申告会場への入場には「入場整理券」がいるので注意が必要です。

確定申告会場での当日配布と、オンラインでの事前発行があります。

詳しくはこちら

国税庁は税務署での感染症対策を発表すると同時に、e-Taxの利用を呼び掛けています。

私はいつも印刷して郵送しています。

給与を2か所以上からもらっているので、毎年所得税の確定申告をする必要があるのです。

パートを掛け持ちしているためで、決して副業の収入が20万円以上あるためではないのですが。

副業収入で確定申告する身になりたい・・・

去年、一昨年とは子供の矯正費用がかなりかかり、それも医療費控除で申告していました。

家族分全員の医療費を一緒に申告するので結構時間がかかってました。

今回は医療費控除の申告がなかった分早く出来たのですが、つまずいたポイントがあります。

つまずいたポイント

源泉徴収票を添付しなくてもよくなった事を知らなかったのです。

これまでは、源泉徴収票の原本を添付する必要がありました。

なので、控え用にコピーもすでにしていました。

添付書類を貼り付けていた時、あれ?源泉徴収票はどこに貼るんやったっけ?

貼る場所が分からへん・・・と書類を何回も見返していました。

でもどこにも書いてないので一緒の所に貼ろうしたのですが、一応調べてみるか・・・とネットでググったら、

なんと、源泉徴収票を添付しなくてよくなったらしいのです。

平成31年度税制改正により2019年4月1日以降、所得税の確定申告の際、給与所得の源泉徴収票などの書類を添付する必要がなくなりました。

分かってすっきりしました。

医療費控除も領収書の提出は必要なくなって、医療費控除の明細書でよくなったり、毎年申告していても少しずつ変更点があるので戸惑います。