スポンサーリンク

子供二人の矯正治療経験から。矯正歯科の決定。

子供の矯正

上の子が小5の時に、永久歯が綺麗に生えるスペースがなく、左上の歯がすごい八重歯になっており、矯正をしないといけないくらいにガタガタになってきたので、3つの歯科医院に相談に行きました。

相談の結果から、矯正歯科を決定するまでの経緯を書いています。

前回の矯正歯科の選び方がまだな人は、こちらからどうぞ。

矯正歯科 A医院での相談結果

永久歯が綺麗に生えるスペースがないので抜歯を言われる

・第一期治療は奥歯のプレート装置(取り外し可能なもの)で顎を広げる 

・永久歯が生えそろってからの第二期治療はブラケット装着(平均3年位)

・保定装置をつけてからは、半年~1年半くらい(6ヶ月に1回診察)

・保定装置は取り外し可能なものを使用

検査料:¥5,4000

診断料:¥32,400

第一期治療:¥259,200

第二期治療:¥518,400

合計 ¥815,400

歯科医院 B医院での相談結果

ここだけ矯正専門の歯科ではなく、虫歯とかの治療もされている歯科医院でした。

「デイモンクリアシステム」という矯正治療を行っている

・従来の装置に比べ、痛みが少なく、治療期間も短くなる。装置も透明で目立たない。

・乳歯がまだある状態でも乳歯にはブリッジで橋渡しをし、すぐにブラケットを装着する(1年半~2年位)

・抜歯はしないが、ボリュームが気になるようなら矯正開始後に抜歯も可能

・保定装置は取り外しができないものを使用

精密検査・診断料:¥50,000

矯正装置装着料:¥650,000

調整料:1回毎に¥5,000

保定装置料:¥30,000

合計費用:¥790,000(2ヶ月に1回調整で2年間で計算した場合)+¥5,000×それより回数が増えた分

矯正歯科 C医院での相談結果

・矯正治療内容はA医院とほぼ同じ

・ただ抜歯はしないで、矯正開始後にどうしても必要な場合は、一般歯科への紹介状を書くのでそこで抜歯してもらう

資料料金:¥15,000

診断料金:¥40,000

第一期治療:¥250,000

第二期治療:¥500,000

合計費用:¥805,000

と、金額としてはだいたい同じ位の結果になりました。(2017年当時の相談内容になります)

B医院だけが、1回毎に調整料が必要なため合計費用がはっきりとしませんでした・・・

A医院とB医院は実際にそこで子供が矯正をしたという知り合いに紹介してもらった医院で、C医院は認定医・専門医の先生がいる矯正歯科で探したところです。紹介してもらったA医院は専門医、B医院は認定医の先生でしたので、良いよと言われただけありました。

できるなら抜歯はしたくなかったことと、合計費用がはっきり分かっている方がいいと思ったので結局は自分で探したC医院にお願いすることになりました。

口コミや評判も大事ですが、実際に何か所かで相談を受けてみて自分で納得する医院を選ぶこと、子供との相性もみて決めることも大切だと思いました。