スポンサーリンク

『ヤクザと家族』綾野剛さん出演のおすすめ映画ベスト3も発表

2021年3月10日

『ヤクザと家族 The Family』を見に行ってきました。綾野剛さんが好きで、出演されている映画は10本以上は見ています。

その中でも特にいい作品だったので、おすすめ映画ベスト3も含めてご紹介します。

綾野剛さんのおすすめ映画ベスト3『ピース オブ ケイク』

多部未華子さん演じる梅宮志乃、25歳。

今までの恋と仕事に区切りをつけ、心機一転引っ越しをしたその夜、隣人の京史郎(綾野剛さん)に出会う。

その笑顔を見た瞬間、志乃の心に風が吹いた。

京志郎は、面接に行ったレンタル店の店長だった。

次の恋愛は慎重に慎重にと思っていた志乃だったが、店長にすぐに落ちている自分がいた…というこんな人が近くにいたら、そうなるよなとリアルにありそうな設定です。

綾野剛さんは髭を伸ばしているので”ひげ店”と呼ばれている店長役なんですが、優しい男の役がはまっています。

オカマ役の松坂桃李さん、レンタル店のバイトの菅田将暉さんと脇役も豪華です。

レジのお金をガッーと掴んで渡すシーンが好きです。

「店長、一生付いていきます…」との志乃の心の声。共感できる部分もあり、幸せな気持ちになれる映画です。

綾野剛さんのおすすめ映画ベスト2『そこのみて光輝く』

働いてた時の事故に責任を感じて仕事をやめ、再就職もせずパチンコと酒に明け暮れる日々を送る達夫(綾野剛さん)。

パチンコ店で知り合った仮釈放中の拓児(菅田将暉さん)に妙に懐かれ、家で昼飯をご馳走になる事に。

病気の父、介護する母、家族のために水商売をしながら働く姉の千夏(池脇千鶴さん)と複雑な家庭環境だった。

千夏に惹かれ、家族を持つことに夢を持ち、もう一度やり直そうとする達夫。

希望の光が見えてきたのに、立ちはだかる壁…

綾野剛さんの肩をすぼめて歩く後ろ姿がやけに哀しく、頭から離れません。

過去を背負って生きている男を好演されています。いろいろと考えさせられた映画です。

予告にもあった海の中でのキスシーンが好きです。

綾野剛さんのおすすめ映画ベスト1『ヤクザと家族 The Family』

実年齢39歳の綾野剛さんが、19歳から39歳までの約20年間に及ぶ1人の男の役を演じられています。

母親もそして父親も失くし、本当の家族がいなくなった山本賢治(綾野剛さん)。

ある事件をきっかけに柴咲組組長の柴咲(舘ひろしさん)に出会い、ヤクザの世界に足を踏み入れる。

契りをかわして柴咲を親父と、柴咲組を家族として過ごすようになる。
柴咲組と敵対する侠葉会加藤(豊原功補さん)の差し金で襲われ犠牲になった仲間。

柴咲組を守るため自分が罪をかぶり、刑務所で14年間過ごす。

服役を終え元の世界に戻ってきた山本賢治(綾野剛さん)だったが、

「あんたが、私達の前に現れたりしなければ…」

「あんたさえ、帰ってこなければ…」

と周りを巻き込んで、運命をも変えてしまう。
約20年間に及ぶ一人の男の役を演じられている綾野剛さんの演技が、とにかく圧巻です。

年齢を重ね、時代と共に変わっていく男の生きざまを見事に演じられています。

渋くすごみがあるけど優しくて温かい組長役の舘ひろしさん、けん兄と慕う木村翼役の磯村勇人さんはじめ皆さんの演技がすばらしく引き込まれます。

幅広い世代に見てほしい作品です。

もうすぐ上映終了してしまいますが、レンタルでももう一度見たい作品です。

新宿スワンの綾野剛さんも好きなので2位と3位は迷いましたが、この映画はベスト1です。


新宿スワン


新宿スワンⅡ