スポンサーリンク

【無印良品】噂のあの商品で我が家も家計管理。赤字家計の立て直し!

毎月予算を決めているのに、赤字続きの我が家・・・

項目に分けてそれぞれ予算を立てているのに、合計で見ると毎月赤字になります。

赤字解消のため、無印良品の噂のあの商品を買って家計管理をする事にしました。

我が家の使い方をご紹介します。

家計管理に便利な無印の『パスポートケース』

インスタグラムやブログでも使いやすいと噂のあの商品とは、『無印良品のパスポートケース』です。

『無印良品のパスポートケース』は本来旅行の時に使うパスポート入れなのですが、家計管理に使っている方が多いです。

無印良品 ポリエステルパスポートケース・クリアポケット付 (新)ネイビー・約23.5×13×2.5cm 02869144

色は黒・グレー・ネービーの3色で、税込み¥1,990です。

クリアポケット3枚付ですが、別売りのクリアポケットを付け足すこともできます。

『EVAリフィールクリアポケット・パスポートケース用3枚入』(税込み¥450)

通帳やカードが入れられるポケットも付いているのに薄くてかさばりません。人気なのが分かります。

買ってきたので、早速どう家計管理するか考えます。

急な出費に対する積み立て

まず毎月赤字になる原因が、急な出費に対する予算を組んでいないということに我が家はありました。

食費、外食費、日用品、医療費、ガソリン代、おこづかい、その他に分けていたのですが、急な出費があった場合はすべてがその他になります。

なのでその他の予算は1万円~1.5万円にしていたのですが、毎月その他が1~3万円くらい赤字になります。

食費も赤字の事が多く、総計で3万円位の赤字続きです。

予算を立てているだけでは、意味がないですね・・・

家計の袋分け管理

家計の見直しをして、無印の『パスポートケース』のクリアポケットを使った袋分け管理をすることにしました。

無印良品 パスポートケース

今までは袋分け管理はめんどくさそう・・・と避けていたのですが、これから子供達に教育費もかかってくるのに、毎月の赤字で貯金を減らしている場合ではありません。

項目毎に予算を決めてクリアポケットに現金を分けて入れ、その範囲内でおさまるようにします。

クリアポケットは3枚入りのを買い足し、6枚でやっていくことにしました。

1:食費(外食費込み)

2:宅配生協代

3:日用品

4:ガソリン代

5:おこづかい

6:予備費

とし、マスキングテープに項目と予算を書いて貼っていきます。

今までは食費として管理していたものを、食費(外食込み)と宅配生協代とに分けることにしました。

それぞれに予算を立てておかないと、生協で頼みすぎて翌月の振り込み金額を見て驚くということが度々ありました。

それ以外に急な出費に備えるために、積み立て費の項目を作りました。

・プレゼント積み立て

・学用品積み立て

・服・雑貨積み立て

・医療費積み立て

積み立て費にもそれぞれの予算を毎月決めて、使わなかった場合は貯めていき、インフルエンザの予防接種代や大きい出費に備えるようにしました。

これは封筒で管理することにし、パスポートケースのポケットに入れています。

家計の見える化

今までは現金はすべてひとまとめで、最後に集計をしていました。

今月は食費にかかりすぎなような・・・、その他の費用が多いな・・・くらいしか分かっていませんでした。

足りなくなったら、仕方ないので引き出してと本当にざっくりとした管理の仕方でした。

無印良品のパスポート入れは、透明なクリアポケットに現金を分けて管理できるので残金が一目瞭然です。

なので、もう今月はあとこれだけしか予算がないというのが分かりやすいです。

「家計の見える化」によって、お金の使いすぎを防ぎ赤字家計を立て直します。