スポンサーリンク

イルカやラッコのいない須磨海浜水族園【スマスイ】はどうなのか?行ってきました

須磨海浜水族園は今再整備のために園内工事中で、2024年春にリニューアルオープン予定です。

イルカやラッコは他の水族館に移されており、それまでは本館のみで営業されています。

それに伴い、入園料金も改定されました。

2021年3月1日(月)より入園料が変更となります。
【入園料】
大人(18歳以上)  1,300円 ⇒ 700円
中人(15歳~17歳)  800円 ⇒ 400円
小人(小・中学生)   500円 ⇒ 300円

リニューアル中の須磨海浜水族園ですが、こんな方にはお勧めです。

・雨の日のちょっとしたおでかけに

・ママ又はパパ一人で子供をみる人に

・安くおでかけしたい人に

・夏休み、とりあえずどこかに子供を連れていきたい人に

久しぶりの須磨海浜水族園【スマスイ】

前に来たのは10年位前のため、久しぶりすぎて記憶があまりないのですが・・・

覚えていることは

・休日なので、人が多く混んでいて見づらかった

・車で来たけど、高速も混んでいて遠かった

・イルカショーは見たはず・・・でも記憶がない

とこんな感じです。なので、また気軽に行こうとはなりませんでした。

家からは、海遊館や京都水族館の方が行きやすいのもあります。

今回の須磨海浜水族園【スマスイ】の印象

※夏休み中の平日、雨の日11~14時までいたなかでの印象です。

・ほどよく空いていて見やすい(ガラガラではないが、子供が前にへばりつけるくらい)

・電車でのアクセスも良かった

・子供はイルカやラッコがいなくても満足している

・本館のみの営業で規模が小さいので1時間半ほどで見て回れ、親が疲れない

展示が大したことはなかったら、昼からは雨が止む予報だったので王子動物園に移動することを考えていたのですが、水族館だけで満足しました。

ママ一人と子供、パパ一人と子供、おじいちゃんと孫など、平日なのもあってそういう組み合わせが多かったです。

スマスイ 大水槽
スマスイ チンアナゴ
スマスイ タツノオトシゴ
スマスイ ペンギン

営業しているレストラン・ショップなど

レストラン1店舗と、ショップ1店舗の2店舗だけになります。
・うみがめのお店(本館3階)
・コーラルショップ(本館2階)

うみがめのお店では、可愛いうみがめのメロンパンやラッコのパンなどが売っています。

うみがめのお店 

他にも、フライドチキン、ポテト、ホットドドッグ、焼きそば、コロッケといった軽食もありました。

その場でパンを焼かれているので、少なくなったら追加でちょこちょこ出されていました。

お昼に食べたのですが味も美味しかったので、うみがめのメロンパンはお土産にも買って帰りました。

リニューアル後はどうなる?

新しい施設では、西日本唯一となるシャチの展示が行われるようです。

総水量ベースでみた規模は、海遊館を抜き西日本最大の水族館になるといういことです。

新料金も発表されています。

対象区分料金
大人(高校生以上)3,100円
シニア(60歳以上)2,500円
小人(小・中学生)1,800円
幼児(4歳~6歳)1,800円

神戸の子供たちにとって親しみやすい水族館をめざして、神戸市内の小中学生は年1回500円、幼児は年1回無料で入場可能になるようです。(←羨ましい~)

新しくなる水族館も楽しみですが、かなり入場料が安くなっている今も、夏休みなのでとりあえずどこかに子供を連れていきたい人にはお勧めです。